経営支援

家賃支援給付金

       

概要

新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して給付金を支給する制度

対象

中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。
①いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少
②連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減少

支援内容

法人:最大600万円
個人事業者:最大300万円

詳細リンク

           
※この制度を活用した方、疑問等は以下のコメント欄からご記入下さい(承認制)
     

コメント

  1. 本田 達也 より:

    初めまして、本田達也と申します。
    私は、2年前より住居兼店舗で整骨院を開業しました。今回の家賃給付金の対象にはならないのでしょうか?

コメントを残す

*