生活支援

社会保険料の猶予(年金)

       

概要

新型コロナの影響で収入が減少した方について、国民年金保険料の全部又は一部の免除や猶予を行う制度

対象

新型コロナウイルスの感染症の影響により、2020年2月以降に収入が減少し、所得が相当程度まで下がった者(注)

注:令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれる程度まで下がった者

支援内容

2020年2月分以降に個人が納める国民年金保険料の全部もしくは一部の免除、又は、猶予

申請方法

申請書類を市区町村の国民年金担当窓口に提出
※ 申請書類は、日本年金機構のホームページからダウンロード可能
※ 新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、郵送での提出を推奨

詳細リンク

           
※この制度を活用した方、疑問等は以下のコメント欄からご記入下さい(承認制)
     

コメント

  1. Uターンしたけど仕事がない より:

    「国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度」について
    〝将来の年金額を計算するときは、免除期間は保険料を納めた時に比べて2分の1になります。また、納付猶予になった期間は年金額には反映しません。受給する年金額を増やすには、保険料免除や納付猶予になった保険料を後から納める(追納する)必要があります。〟この一文は現状でも有効のでしょうか?
    可能であれば、今回の新型コロナウイルス感染防止策にともなう行政の要請や指導下にある場合は、この一文が適用除外になる制度が仕込まれればありがたいです。因みに今年度は20万円相当が請求されています。

コメントを残す

*