生活支援

運転免許証の有効期限の延長措置等

       

概要

不特定多数の更新者が密集することによる新型コロナ感染拡大のリスクを防止するため、運転免許証の更新手続を伸長等する制度

対象1

免許証の更新期限が令和2年3月13日から7月31日までの方

支援内容1

更新期限の前に、運転免許センターや警察署等に申出ることで、更新期限後3か月間は運転可能

注意点

  • 【重要】
    延長措置を申出ずに更新期限を過ぎると免許証が失効し、車両の運転ができなくなる。学科試験・技能試験免除での再取得の措置を受けることができる場合でも、再取得するまでは無免許の状態となる。
  • 既に更新期限を延長した方であっても、延長後の期限が令和2年3月13日から7月31日となっている方については、再度延長が可能。
  • 延長された期限内に、通常の更新手続を受ける必要あり。
  • 延長の措置は無料。
  • 【東京都】試験場、更新センター、指定警察署、指定署以外の警察署の各窓口での申出の他、郵送での申出も可能。
  • 【東京都】令和2年4月15日から当分の間、すべての運転免許証の更新手続を休止中。有効期間が迫っている方には、有効期間の延長で対応。

対象2

以下の全てに該当

  • 更新期限までに更新手続を行うことができず運転免許を失効させた
  • 運転免許の失効から3年以内
  • 新型コロナウイルス拡大の終息から1か月以内

支援内容2

学科試験・技能試験の免除で、運転免許の再取得が可能(通常の再取得に必要な手数料から減額)

詳細リンク

           
※この制度を活用した方、疑問等は以下のコメント欄からご記入下さい(承認制)
     

コメントを残す

*