経営支援

雇用調整助成金

       

詳細動画

【第二弾①】休業手当を出して、雇用を守りたい経営者必見!雇用調整助成金・休業手当(2020年5月1日現在)

【第二弾②】雇用調整助成金、厚労省によるQ&A特集!申請するときの疑問解決、申込件数や実施件数も大公開(2020年5月2日現在)

【第二弾③】休業手当はいくらもらえるの?計算方法は?複雑な計算を易しく解説

概要

新型コロナの影響で急激な事業の縮小を余儀なくされた労働者を休業させた事業主に対して、支払った費用を助成する制度

対象

緊急対応期間(2020/4/1~同6/30)
以下の全てに該当する事業主

  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全業種)
  • 売上高又は生産量などの事業活動を示す指標について、その最近1か月間の
    月平均値が前年同期に比べて5%以上減少している事業主
  • 休業等実施計画届の提出を行うこと(2020/6/30までは事後提出も可)

支援内容

    ① 休業手当に要した費用の助成:4/5(中小企業)、2/3(大企業)
    ② 解雇等を行わない場合は、休業手当に要した費用の助成:9/10(中小企業)、3/4(大企業)
    ③ 2020年5月1日に発表された拡充1
    中小企業が解雇等を行わず雇用を維持している場合、労働基準法条の基準である60%を超えて休業手当を支給しているとき、60%を超えて支給する部分についての助成:10/10
    ④ 2020年5月1日に発表された拡充2
    ③のうち、以下のいずれの要件をも満たす場合、休業手当全体の助成:10/10
    ⅰ 中小企業であること
    ⅱ 新型インフルエンザ等対策特別措置法等に基づき都道府県対策本部長が行う要請により、休業又は営業時間の短縮を求められた対象施設を運営する事業主であって、これに協力して休業等を行っていること
    ⅲ 労働者の休業に対して100%の休業手当を支払っていること、又は、60%以上かつ上限額である8330円以上の休業手当を支払っていること

    注:①~④のいずれの場合も、対象労働者1人1日当たり8330円が上限
    注:③及び④の拡充は、2020年4月8日(緊急事態宣言が発出された翌日)以降の休業等から遡って、緊急対応期間中(2020年4月1日から6月30日まで)に限り適用

申請方法

  1. 休業計画・労使協定(休業の具体的内容を決定)
  2. ハローワークに計画届の提出(6月末までは事後でも可)
  3. 休業の実施
  4. (休業手当支給後)支給申請
  5. 労働局の審査・支給決定(決定後1か月程度後の振込)

注意点

  • 緊急事態宣言が出された後、労働者を休業させる場合も、雇用調整助成金はもらえる。
  • 就業規則で休業手当を6割と定めている場合でも、休業等協定でそれより高い割合(10割等)の休業手当を定めれば、それを基準賃金額とした雇用調整助成金の支給を受けることができる(2020/4/6厚労省確認済)
  • 就業規則で休業手当を10割と定めている場合、休業等協定でそれより低い割合(6割等)の休業手当を定めた場合、当該定めは無効となる可能性がある(cf.労働契約法12条)(2020/4/6厚労省確認済)

詳細リンク

           
※この制度を活用した方、疑問等は以下のコメント欄からご記入下さい(承認制)
     

コメント

  1. 一色 宏治 より:

    雇用調整助成金が利用しにくいようです。
    理由は支給が申請よりだいぶ遅れるからだろうと思います。
    支給日も支給額もわからず見通しが立たない。だから利用しにくいのかなと。自転車操業の企業だと特に。

    雇用調整助成金に対応した、雇用調整特別貸付が必要なのではないかと思います。
    (新型コロナウイルス感染症特別貸付の条件に加えても良いです)
    申請したら実質無利子で助成金の支給最大額を貸し付けてくれるならば、支給日と支給額がわからないという問題を先送りでき、とりあえず申請して当面の資金を得られるのではないかと思います。

  2. あらん より:

    問い合わせしたんすけど、たらい回しです。
    変則シフト、子育ての合間で来てもらってた奥さんのパート代に出すのは難しいって言われちゃいました。
    いつ決定して、いつお金貰えるのかも解らないから厚労省の専用ダイヤルに電話してくれと。
    そして、繋がらない…

コメントを残す

*