経営支援

生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付

       

概要

新型コロナの影響で売上高が5%以上減少した生活衛生関係の事業を営む事業者に対して、政策金融公庫が無担保・引下げ金利で貸付けを行う制度(限度額:6000万円)

対象

①および②のいずれにも該当

  1. 生活衛生関係営業を営んでいる
  2. 以下のⅰまたはⅱのいずれかに該当
  3. ⅰ最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した事業者(個人事業主も含む)
    ⅱ 業歴3か月以上1年1ヶ月未満の場合等は、最近1ヶ月の売上高が、次のいずれかと比較して5%以上減少している事業者(個人事業主を含む)
    a 過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む。)の平均売上高
    b 令和元年12月の売上高
    c 令和元年10月~12月の売上高平均額
    ※ 生活衛生関係営業とは、生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律に定められた飲食業、理・美容業、クリ-ニング業、ホテル・旅館業などのこと。

支援内容

融資限度額:別枠6000万円
※ 金利(当初3年間):基準金利から0.9%減じた利率 0.46%
※ 金利(4年目以降):基準金利 1.36%
※ 特別利子補給制度の併用により、実質的な無利子化が可能
※ 利下限度額:「新型コロナウイルス感染症特別貸付」、「マル経融資の金利引下げ」、「生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付」の合計で3000万円
※ 担保:不要(無担保)
※ 据置期間:5年間
※ 使いみち(振興計画認定組合の組合員の方):運転資金、設備資金
※ 使いみち(振興計画認定組合の組合員以外):設備資金
※ 貸付期間:運転資金 15年以内、設備資金 20年以内

詳細リンク

           
※この制度を活用した方、疑問等は以下のコメント欄からご記入下さい(承認制)
     

コメント

  1. 金欠ふりーらんす より:

    去年の11月時点で自己破産してしまい、現在債務整理中です。

    貸付制度ではどうにもなりません…
    仕事もコロナで契約が切れてしまい…

    余力0+来月の家賃生活費が…

    破産手続きも、まだ申し立て前でして、予納金の20万円も用意できない場合は破産処理もできなく。。

コメントを残す

*