経営支援

セーフティネット貸付

       

概要

一時的に業況が悪化しているが、中期的には業績が回復し発展することが見込まれる事業者に対して、政策金融公庫が行う貸付(限度額:中小事業7.2億円、国民事業4800万円)

対象

一時的に売上の減少など業況悪化をきたしているが、中期的には、その業績が回復し、かつ発展することが見込まれる中小企業者

支援内容

  • 運転資金、設備資金の貸付利:中小企業事業(中小企業)7.2億円、国民生活事業(個人企業・小規模企業)4800万円
    ※ 貸付期間:設備資金15年以内、運転資金8年以内
    ※ 据置期間:3年以内
    ※ 基準金利:中小企業事業(中小企業)1.11%、国民生活事業(個人企業・小規模企業)1.91%
    ※ 担保:応相談
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置
    2月14日(金)より、セーフティネット貸付の要件を緩和し、 「売上高が5%以上減少」といった数値要件にかかわらず、今後の 影響が見込まれる事業者も含めて融資対象に。 詳しくは日本政策金融公庫または沖縄県で事業を行っている方は 沖縄振興開発金融公庫まで。

詳細リンク

           
※この制度を活用した方、疑問等は以下のコメント欄からご記入下さい(承認制)
     

コメントを残す

*